~ふくろう館生存日記EX、あるいは日記雑記2010~ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

いきなり航空券ガイド

半年以上放置状態から突然ですが。

アカツキ・エヌアインサイトの方で、GW前に普段飛行機に乗らない人だと航空券の安い買い方を知らなかったりするのかも?と、航空券や高速バスの探し方をまとめておくと参考になることもあるかなと思い立ったのですが、直接的にはゲーム自体とはゼンゼン関係はないだけに、一般ブログの方にも転載しておいていいかと思った次第。
スポンサーサイト
   08:10 | Trackback:0 | Top

旅メモ

牛タンを食べるためだけに仙台まで行ってきたという人は周りに多い。
それならひつまぶしを食べるために名古屋まで行ってきたっていいじゃないか。
熱田神宮に行ったのに、雨+傘なしで歩いていたのと、その後で登山が待っていたのであつた蓬莱軒をスルーしたのがかなり残念でして。

平日休み1日で経費節減名古屋往復プランを考えてみる。
1.夜行バス→夜行バス:
最安。不安材料は翌日の体力。早朝に着くので仮眠してから出勤してみるとか。
2.前日夜に新幹線→1泊→夜行バス:
時間は一番取れる。時短就業期間は5月を待たないといけないが…。
3.夜行バス→新幹線で帰る:
一番楽だけどこれだと塩釜には行けないね。

2番有力。うまくすれば2日塩釜シャトルに行けておいしいかも。
ひかり早割を使うには、5日以上前に代休を取れる日が確定しないといけないですが…。新型機の組上げに何日かかるか聞いてみよう。再来週あたりセットアップ待ちでスケジュールに穴があく気がする。


徳島には往復飛行機+一泊でも夜行バス往復と2000円くらいしか違わない。
が、問題は2連休がないことなので、片道は飛行機+夜バスにせざるを得ない。
また私は【乗物に酔いやすい】と【どこでも眠れる】属性なので、9時間を超えるバスは前者が勝った場合が苦行。大概は寝ますけど。
しかし、徳島空港から直で羽田より、高速バスで神戸空港まで行って神戸-羽田の方が安いってどういうことよ!

というわけで
1.おとなしく5月まで待って、1泊で徳島
2.行き:夜行バス 帰り:徳島-羽田
3.行き:夜行バス 帰り:神戸-羽田
4,どうせなら神戸で1泊、神戸-徳島と回って神戸空港から羽田
大阪・神戸・徳島はうち2つ以下でしか回れなさそうだから、そうなると徳島・神戸で。

しかし、徳島って何を見てきたらいいのだろう。讃岐うどん?
四国出身者に聞いたところ、やっぱり「うどん食ってくれば」との返答。
あと、ウミガメの産卵見てきたらとの話も。時期はどうなんだろう。
とりあえず、行きを夜バスにすると鳴門海峡の日の出が見られそうですね。
寝ていそうだけど。
   22:39 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

寝台特急北陸と電GO

金沢行きはほぼ飛行機で確定なんですけど、3/13で廃止されるブルートレイン北陸に最後に乗っておくかとも迷ったんですよね。
小学生の頃、九州に行くのにはやぶさに乗っているのでブルートレインに乗ったことがない訳ではないし、あんまり乗り心地の良いものではないから、体力的なことを考えてもわざわざ北陸に乗るために予定を前倒すこともないかとは思うけど。
でも、昨年のはやぶさ廃止の時に上がっていた動画見たら、無性に乗りたくなってくる…。電GOは郷愁あふれる初代EDの「Mirror of Mind」が一番好きなんで。曲が終わったと思ったら最後にウルッとくる。


ついでに、LOVE特急こまちは隠れた神曲だと思います。
CD持っているのが「スペース遣隋使」なんでアレンジ版しかないのですが、原曲がいいなあ。iTunes Storeで買うかと思ったら、フルver.でないっぽいので、フルで聴けるのはニコ動くらいか。


これも実際の電車動画に合わせられると、無闇にこまちに乗りたくなります。
前に仙台からの帰り、こまちとはやてが半々だった車両ではやての切符買っていたのを窓口でこまちに交換したくらい。……こまちは2×2シートでゆったり乗れるしね。

ちなみに私は別に鉄子なワケじゃなくて、単に小学生がめずらしい電車好きなのと同レベルで普段乗らない車両に乗りたがるのと、路線図見て乗り継ぎ考えるのが大好きなだけデスよ。
   00:40 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

旅行予定覚え書き

思いつく限りメモ。
今月は平日のシフト休日は全部出ていて年明け早々代休が2日増えた。
代休3日ストックがデフォなので、もはや代休がなくなると心許ない。

2~3月?/名古屋
刈谷のアカツキ対戦会がこの辺なら。3月1週より後になるようだったら見送り。繁忙期に入りかける時期なので状況が読めないうちは予定が決まりませんが、1週目のうちならまだ代休入れる見込みありなので、明治村の残り半分に行くなら3連休に賭けたい。

4月/金沢
4月は土曜の休みが1週目のみだけど、実は日程的に3週目はちょっと隙間ができない?と見込んでいるものの、まだ先が読めず。
問題は、4月の1~2週目で金沢に桜は咲くのか。
和倉温泉まで回るか、金沢市内のビジネスホテルでゆっくりするか。
さらに北陸フリーきっぷと往復飛行機のどちらがメリット多いのか。
悩みが尽きません。
父のオススメは東尋坊より能登金剛。

5月/函館
5月の土曜のシフト休が3週目! 箱館五稜郭祭に行ける!
函館は2年空いたので休みがタイムリーな時に行っておきたいけど、箱館奉行所が完成するのが6月か…うーん。完成してから行くべきか。

5月or10月/鳴子
やはり温泉は鳴子がベストという気がしてきました。鳴子峡なら新緑か紅葉の時期なので10月の方がいいけど。

姫路城は改修前に行っておくべきか。そうすると4月以前だし、足場はもう作っちゃってるので素直に完成まで待つかなあ。
あと、行くなら今のうちといえばハウステンボス。

5月に九州でアカツキ他の合同大会というのは気になるって云やなるんですが、GWだと航空券高いし、GW時期前半だと繁忙期で休めないし、そういえば5/5のコミティアって参加するんだっけ? よほど予定がうまいこと合わないと無理っぽいものの、九州まで行くならハウステンボスに行くつもりで。逆に長崎まで回る予定が立てられないようなら見送り。
――って、実現すると5月の間に北海道と九州行くってことか私w

大体、5月にボッツの大会をやるとしたらGWになりますよね…?

なんか本当に毎月になりそうなので、このうちの1つ2つは抜いておこう。
   01:47 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

移動距離540km

日~月曜の九州旅行は陸路での移動が長かったので、鉄道移動の総距離は東京―名古屋くらいありそうだなあと調べてみたところ
北九州空港―小倉―博多―大牟田―博多(一泊)―別府―朽網―北九州空港 という移動の合計は540km。これはほぼ東京―新大阪間と同等。
あはは、広いなあ九州。北側ほぼ半周近くするとこんなに距離あったんだ。

今度別府に行く時は大分空港からにしとこう。…ただ、大分は帰り便が早いのが難点。
別府の温泉は、確かに本格的な温泉地だったけど、劇的な効果という感じでもなかったので、今度は有馬か三朝あたりのラジウム泉にでも行ってみますかねー。
   12:45 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

温泉に行こう

東日本最強の温泉は鳴子。あそこはミラクルスポット。
50mしか離れていない所にpH2.8の酸性硫黄泉とpH9のアルカリ硫酸塩泉が隣り合っていたりするから非常に謎。1つの敷地に2、3種類の泉質湧くし。

で、西日本最強の温泉はというと、やっぱり別府なんだろうなあ。
自分的基準では、泉質もながら、1カ所で複数の泉質があることを買うので。

最強といったら威力についても云えるか…島根の温泉津も15分で速攻ダウンするくらい強力ではありましたが、あとは玉川温泉……あそこは普通に生活できている人間が行っちゃあいけない気がするし、居たたまれなくなりそうなので遠慮しておきます。

別府や草津は、なんとなく先入観として一見お断り的雰囲気も感じられて気に入らないように思ったこともあるのですが、九州で温泉に行くなら別府に行かないと始まらないような。

それにしても福岡から遠いなと思ったところに、ふと閃いたのがスターフライヤー! 真っ黒でカッコいいので機会があったら乗りたい飛行機ですが、08年に大阪に行くのに乗らないでいたら、いつの間にか大阪行きのスターフライヤーのツアーなくなった? 九州に行くにしても北九州空港着だからなあ…と利用する機会はないかと思いましたが、北九州空港から小倉に出れば、小倉から別府は1時間ちょっと。福岡経由の半分に時短できる。

と、うまく計画が収まったことで、3週目の日曜はスターフライヤーに乗って別府に行こう。1日だからあまり回れませんけど(ついでに、まだ休みは取っていませんが。)
――って、北九州空港から大牟田に行こうとすると…今度はこっちが3時間はかかるのか。まあいいや。特急リレーつばめにも乗れるし。
移動時間がかなり長いので、PSPでやるゲームも他に落としてみますかね。

って、PC経由でPSPにダウンロードするソフトはMac対応していないだとう!?(まあ、予想し得ることではありましたが)
   01:52 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

名古屋の山登頂記




今週になると夏休みが消滅するため、刈谷のアカツキ対戦会の時期に合わせて11/13、14と夏休みを取って名古屋に行ってきました。目的は以下の4つ。
1.(一応は)刈谷のアカツキ対戦会
2.博物館明治村見学
3.マウンテン登頂を目指す
4.名古屋飯食べ歩き

mixi日記の方が限定仕様なんですけど、マウンテンは予告もしていたことだし、
・OSXMacでないとデジカメのデータ取り込めない
 →それをFTPかLANでサイト作業用のOS9Macに移動することになる
・web利用はOSXMac
という環境のためOSXMacから作業するこっちから先にいきましょう。

木曜の夜行バスで東京を立ち、朝6時に名古屋着。バス利用で現地の漫喫クーポン券をもらえるので、降車地そばの漫喫で一休みしながらそこの観光ガイド誌読んで行く店のあたりをつける。
初日は明治村と名古屋飯食べ歩き。
マウンテンは一泊して体調を万全にして臨むつもりだったし、そのまま刈谷に行くと2日目はそれほど食事の機会がない。

で、1日目は
・あんかけスパ
・名古屋コーチン(親子丼と手羽先)
明治村は半分しか回れなかった。明治グルメ博もやっていて楽しみだったのだけど、あんかけスパのボリュームにお腹いっぱいで明治のカレーパンを食べたくらい。
あんかけ…何故スパゲティにあんを掛けるんだ?と思うのですけど、まあ悪くはないか。
夜はひつまぶしのつもりが、大須アーバンで20戦くらいやっていたら遅くなって、21時以降でも開いている備長ラシック店にひつまぶしを食べに行ったら、
なんとなく隣の名古屋コーチンの店に行ってしまいました。親子丼に手羽先もセットで付けられるのはいいなーと思ったんで。

2日目
うっかりコメダで普通にモーニングを食べてしまったのでお腹が空かない。
ホテルのある伏見から大須商店街まで歩いて見物。
それでもさほどお腹はすかないし、途中、味噌煮込みうどんの山本屋総本家を通ったりしたので、
「マウンテンは今回スルーして味噌煮込みかひつまぶしでも食べて対戦会に行った方がいいんじゃない?」
という考えが時折頭を過るも――いや、そう日和らないように予告していたんじゃないか!と初志貫徹、13時頃にマウンテンへ。

並んではいなかったもののほぼ満席。男性客が9割くらいの漢の喫茶店という雰囲気です。
ネタとして山に挑むからにはインパクトのあるもの、といちごスパに狙いを定めてはいたものの、店の壁に点在する張り紙にある「あつげしょう」……なんだろうコレ?聞いてみると、「フランスパンに、小倉とホイップクリームを盛ったもの」だそうで、まあ普通かな。シロノワールに近いものを想像したのですが「一人で完食するのはまず無理です」――そうかフランスパンって1本丸ごとか! これがマウンテンクオリティ!! 後で調べたところ、皿に乗らないのでまな板で出てくるそうですね。
甘口スパ以外のメニューも相当怪しいですが…納豆サボテン??

さて、当初の予定通り甘口いちごスパ。飲み物は甘さを中和しつつ重くないもの……と無難にアイスレモンティー。レモンティーにはバウムクーヘンとビスケット3枚が付いてきました。後々、これに救われることに。
注文してから30分。後から来た客の方に先に料理が届いたりで、遅いな…と焦る頃、来たのが抹茶小倉スパ。
チガウよ!同じネタ甘味系でも餡子は苦手だから無理ー!
しばしして、いちごスパが運ばれてきました。
心の準備はしていたとおり、あつあつです。記念撮影する間にもホイップクリームが溶けていきます。

数々のマウンテン紹介サイトの教訓からすると
・気軽に注文してはいけない
・上に乗っているフルーツやクリームは救いなので温存すること
・冷えた方がまだ食べやすいかもしれない

心の準備は、大丈夫。
まあ、覚悟があれば食べられない物ではないです。
……って、なんでそんなモンをわざわざ注文して食べなければいけないのか、というものですが。自ら罰ゲームの域です。
最初の2口、3口は、覚悟からすると意外と普通の食べ物かも?と思うくらいだったのですが、甘さ…といおうか、スパゲッティに絡んでいる甘さの正体らしい粉っぽい物が気持ち悪い。それと、単にいちご味ならまだしも、人口甘味料なのか薬っぽさがキツい。
ここで、レモンティーの付け合わせのビスケットが救世主でした。
いちごスパの甘さに耐えられなくなった時に食べると、絶妙の香ばしさで生き返ります。
ビスケットと酸味のあるキウイは重要だと、ペース配分しながら攻略していましたが、7合目あたりでどうにも粉っぽいモソモソに耐えられなくなり一時中断。飲み物を消費しつくさないようにして、後はビスケット、トッピングのキウイ、いちご、クリームの割合を多くして一気に制覇。
かくして、かなり難易度が高いと云われる初回にして単独登頂に成功しました。
当面、甘い物は食べたくないですね…。
二度と行きたくないかと云えば、今度は甘くない妙なメニューを試してみたいという好奇心はありますが。


前の日記にあるように、その後東京に戻って来てから救急車のお世話になったりはしましたが、それはまた、別の話。
   01:25 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。